札幌のクリニックでレビトラは処方可能

ホスホジエステラーゼを阻害する働き

ホスホジエステラーゼを阻害する働き空腹時に服用した方が効果絶大医師や薬剤師に相談してみるのがおすすめ

北海道の札幌市にはED治療を行っているクリニックがいくつかあり、レビトラの処方を受けることもできます。
EDは勃起不全のことを指し、十分な勃起を得られずに性行為を行うのが難しい病気になります。
日本にはEDに悩む人が1000万人以上いるといわれており、さほど珍しいものではありません。
人知れず悩みを抱えている人も多いです。
精神的な問題で勃起不全が起こっている場合もありますし、身体的な問題を抱えていることもあります。
また、その両方が原因となっていることもあるようです。
デリケートな問題なので、人に打ち明けづらいということもあります。
そのため恥ずかしいからと医療機関を受診しない人も多いですが、治療を受けることで改善することも多いです。
パートナーとの性生活が楽しめずに不満だとか、男性としての自信を喪失している等生活の質が下がっている状況も考えられます。
薬を服用することで症状が改善し、パートナーとの性生活を楽しめるようになったという人も多くいます。
レビトラは勃起不全を治療する医薬品で、塩酸バルデナフィル水和物を有効成分としています。
塩酸バナデナフィル水和物には、ホスホジエステラーゼという酵素を阻害する働きがあります。